<   2005年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2005年 06月 30日
今日はバスケ

三本目ははずしてます!
[PR]

by pyonjet | 2005-06-30 18:00 | [lunchtime column]
2005年 06月 29日
Musical Baton.
AYAKO ISHIIさんのバトンを受けました。
遅くなりましたが、書いてみまっす。

1)コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

33108曲  総容量 187.99GB 合計時間110:02:16:19

2)今聴いている曲

あの言葉、あの光 5:56    bonobos 『Electlyric』

今日は五回くらいたぶんこの曲を聞いたよ。

3)最後に買ったCD

半野喜弘 = Yoshihiro Hanno 『Angelus』

夢の匂い Featuring ハナレグミも入ってます。
いろんなアーティストとコラボレートしてます。


4)よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

これは考えちゃうよね、実際。
ここ最近で思い出すままに。

・タワー 4:57 キセル 『旅』

最近出たアルバム「旅」からシングルカットされてるこの曲。
イントロから泣ける。キセルとても好きです。
アルバムの中にある「雪に消える」もすごくいいよ。

・八月 3:14 Atami 『Atamibest Disc1 Bestside』

ここんとこずっと『八月』と言う言葉にとりつかれてるんだけど、
ちょっとだけこの曲のせいかも知れないと思う。
Atamiと言うプロデューサーがcibo mattoの羽鳥美保さんを招いて
作った曲。美保さんの声はもうすごく良いですよね。メロメロなメローメロー。

・Untitled 4:15 初恋の嵐 『Untitled』

車の中で大声で歌う曲ベスト1です。
初恋の嵐はバンドの生命よりずっと永く語られるであろう曲を
沢山持っているバンドだと思います。
その中でもとくに好きな曲です。

・Flake 4:40 Jack Johnson 『Brushfire Fairytales』

Jackは僕に海を見せてくれました。その曲の中に。
このアルバムを聴いて自然に出て来たのがまだ書き終えてない小説。
「恋人にあげる海」です。

・「君の町」(仮題/進化中)

それからあと一つは最近になって始めて自分で作った曲です。
この曲はギターで四つのコードしか使わない曲です。

他にウクレレで二個作りました。
でも二つとも同じコードでしかも四個です。
「恋の呪文で」「向こうの窓」と言うタイトルです。


☆書き終えて

けっこう時間かかりましたな。
肩凝っちゃった。
リンクもうまく貼れてるだろうか。
僕は誰にもタッチ出来ないぞ。

LOOOOVE MUUUUSIIIIIIIIICCCCC!!!!!
[PR]

by pyonjet | 2005-06-29 22:26 | [day of life]
2005年 06月 29日
部屋に帰れば
部屋に帰ればなんとかなるさと
散らかったままの部屋と心境。

今日。

なにがあったのか
なにがあっても
君には教えない。

なにもなかったんだって
言い聞かす自分。

血を吸う様に音を吸って

イキルイキルイキル。

本当はなにもなかった。
なにもなかったのに
あったって伝えたいんだ。

血を吸う様に音を吸って

カンガエルカンガエルカンガエル。

遥か彼方のおはなしか。

足りないヴォリュームが
アクアリウムに沈む。

空気孔の下で口を空けて待ってる。
魚達次第だよ。
君の勝ち負けは。

どんどん遠くなれ
意味を突き放して
どうしようもなくなった頭で
今夜見る夢。

一度も効いたことのない音楽を試すんだ。

血を吸う様に音を吸って

イキルイキルイキル。

iki ba wo naku su.

敢えて健康な言葉で誓う。

ゆっくりと春を待て、次の。
[PR]

by pyonjet | 2005-06-29 21:45 | [day of life]
2005年 06月 29日
ランチタイムコラムン164
昨夜覗いた四次元クローゼットちゃんの中の書庫スペースが、自分でも把握出来ない位の量になってて驚いた。

そろそろ旅に出すか。

iTunes4.9がリリースされてPODCASTと言う機能が追加された。
ポッドキャストとはブログの音声版みたいなものなんだって。
それを使ってコラムンや詩を配信出来るかなと考えた。

毎日更新される情報の波に
乗ってくサーファーだって
なにを目指す?

前に考えたグッドニュースプロジェクトってのやってみたいなあ。

と考えてるうちに短い昼休みは終わっちまうのさ。
[PR]

by pyonjet | 2005-06-29 12:35 | [lunchtime column]
2005年 06月 28日
『カモン織姫』
七夕は予定が満載だ。
七夕にバタバタしちゃうぜ。

[七夕の予定]

七夕にうまくいけばHOMESTARが届く。

んでもう一個「みんな大好き塊魂」も届く。

それから午前中はお仕事の勉強会だ。
春日市まで行く。

それから今日友達に聞いたんだけど
度々参加してるリーディングイベント
「voicescoming」ボイスカミングが行われるらしい。
福岡のカフェ「icone」憩根であるんだって。
夜七時半かららしいよ。
浴衣で行く子も多いみたい。
ぼくも着るか?

それに出ちゃって歌っちゃうか?なんて
考えてる27才独身なのである。
(八月28、彼女なし、あーー)

短冊に書き込もう。

『カモン織姫。』

そんで船に乗って繰り出す宇宙でしょ?

カモン、カモン。

歌おう一緒に。
[PR]

by pyonjet | 2005-06-28 20:57 | [day of life]
2005年 06月 27日
シャンデリア。
瞬間だもの。
君の思いは。

次の瞬間にはまた
違うことを考えてる。

習慣だもの。
君の思いは。

いつもまた同じことを
考えてしまう。

遠ざかったあの日。
ここから見える景色。

感情の波に乗って回る。
らせんの滑り台を滑る。

天井からぶら下がる
シャンデリアを仰ぎ見て
落ちてきはしないかと
不安に思った。

瞬間だもの。
君の思いは。

次の瞬間にはまた
違うことを考えてる。

習慣だもの。
君の思いは。

いつもまた同じことを
考えてしまう。
[PR]

by pyonjet | 2005-06-27 14:12 | [lunchtime column]
2005年 06月 27日
ランチタイムコラムン163
『八月』にとりつかれてる。
単語の『八月』に。
なにか考えるとすぐに向こうから『八月』と言う言葉がやってくる。

八月に産まれたせいか
夏が好きなせいか
その理由ははっきりとはしない。

向こうから八月がやってきても、すぐに網にかけて取り払っている。

湧いてくる言葉にも
同じものが沢山ある。

その中でも八月はトップランカーだ。

宇宙線のように僕を通過しては消える。

八月は近い。
今年は海から遠ざかりそうだ。
想いとは裏腹に辿り着けない行動。
団体行動も単体行動も苦手な僕なのでした。
[PR]

by pyonjet | 2005-06-27 12:49 | [lunchtime column]
2005年 06月 26日
気をつけて
俺がずっと探してんの知ってた?

ソルデス、ソルデスって街は大売り出し。

心は託さないぞってかいものかいじゅうにおそわれ。

だからって記憶がゆるやかにこぼれて行くのを君は黙って見てろって言うのかい?

空気に触れたそばから
酸化してく言葉の嵐あらし。

ひょっこり姿を現わしたが、仮面はとれなかった。

高給取りが恒久に
世界を支配してく真ん中に立って
雨が降りそうな
気配を感じた。

示しがつかない。と男女は争い。

あら、そうですか。とおいらは流す。

君とは風の感じ方が違うんだ。と空中で会話する鳩。

もれなくついてくるデジャヴーに襲われ、
エンジンに火を点けないでいるドライバーの心象。

空きが出れば迷いなく隣へ。

恋人達は家路へ急ぐ。

行き場をなくした心が出て行くのを
ただ一つの言葉で飾る。

気をつけて、と。
[PR]

by pyonjet | 2005-06-26 18:54 | [lunchtime column]
2005年 06月 25日
風景採集。(フォトグライフ)
さて今日はのんびり写真機持って
風景採集に行くとするか。
まずはカメラ屋さんを目指してのんびり行こう。

川の写真を撮りたいって
もうずっと眺めてばかりだ。

晴れ晴れほほー

でっきーるっかーーーなーーーーーー
[PR]

by pyonjet | 2005-06-25 11:07 | [day of life]
2005年 06月 24日
トーク遠くトーク。
海へ
行こうと
思って
いるが

夜は
どんどん
更けて行く。

君は
どの辺
泳いで
イルカ

検討付かない程
トーク。

無理矢理
剥がしたカサブタが
赤いイノ血を吹き出した。

雨を知らない梅雨空が
夏を待てない暑い夜。

僕はすっかり言葉を忘れ
そして、もいちど思い出す。

君の知らないこの夜を
僕は一人で泳ぎきるのか。

君は
どの辺
泳いで
イルカ

検討付かない程
トーク。

夜を
一人で
泳いで
イルカ

検討付かない程
トーク。

話せる相手もいないのです。

海の向こうで
陽が昇る。
[PR]

by pyonjet | 2005-06-24 21:35 | [post poem]