<   2005年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2005年 09月 29日
白い煙
「この小指は赤い糸を絡めとる為に立っているのよ」

テーブルの向こう彼女は笑う。

「あなたが煙草を吸う仕草が好きよ」

重ねて小指がらせんを描く。

「間違ってみたい」

なんて言ってしまうこの口先が

尖ったまま彼女に突き刺さって行く。

さよならを言った恋人の季節が

入り口のベルを鳴らす。

乾いたベルの音が響いて

客が二人出て行ってしまう。

灰皿に残った夏が

急いで低気圧を呼ぶ。

どこかの海上で台風に名前が付く。

僅かな時間を君に割き

愛情のレートを確かめてみる。

今日の相場は売りか買いか。

メールを一件チェックして

返事を返す。

煙草の袋のお尻を叩き

中から一本救い出す。

火をつけた君の灯りが

嘘をつかせようとしてる。

火がついた煙草が

白い煙をあげる。

秋はすっかり色づいてしまう。
[PR]

by pyonjet | 2005-09-29 23:57 | [post poem]
2005年 09月 29日
帰りの会はつづく
世界は変わり始めている。

世界は変わり続けている。

大人も子どもも社会も自然も。

今朝「最近の子ども(帰りの会)」を読んでくれた友人から
メッセージが届いていてそれを読んでまた考えた。

僕は気付いたことを単語として頭の中に登録していて
それがある一つの文脈を見つけるとすいすい流れて行き
あっと言う間に文章と言う川になる時がある。

そう言うときは世界を読み解く鍵を一つ
見つけたような気持ちになる。

社会は多様化している。
この地球上に新大陸が見つからないことはみんな知ってる。
だけどこの測り知れる土地に住んでいる人々の大切を
僕らはまだ知り得ないのだ。

固い言葉を柔らかくスイッチ。

子どもがおかしいなんてそこばかり考えていても
気付けないことは沢山ある。
僕らの世界は身近な所で繋がっているから
子どものことを考える時には親のことも考えるし、
今のことを考える時には過去も未来も考える。

きっと子どもは社会の(未来の)不安を感じているんだ。

年間の自殺者が三万人を越えてしまうことと
子どもがキレやすくなってしまうことが
同じ社会の中で浮かび上がってきて
苦しいくるしいと空気を吸い込んでいる。

叩いて叱ることは良くないことだと思うけれど
痛みを知らない人になってしまうのを避ける為の
一つの道かも知れないとも思う。

友達がザリガニを壁に投げつけて殺すのを見て
それはやっちゃいけないだろうと思ったし、
蛙のお尻に爆竹を突っ込んで爆破した時も
同じようになにかが胸につっかかった。

親から執拗に叩かれて怒られた記憶はないけれど
始めて人を殴った時に明らかに僕だけが悪かったのに
先生は「けんかは両成敗だ」と言った時の不条理を
今も覚えてる。

帰りの会は今日の日の反省を明日に活かす為にある。

今日はうまく言えなかったことを
いつかまた言おうと思います。

今日はここまで
[PR]

by pyonjet | 2005-09-29 20:21 | [day of life]
2005年 09月 29日
帰りの会のつづき
昨日はタイムリーにゴールデンタイムに
学校の先生たちが話してる番組があってた。
バラエティー化されたところも多かったけど、興味深かった。

随分前、確か七年くらい前サカキバラ事件の後くらいに
出た一つの雑誌のタイトルを見て泣きそうになったことがある。

「子供がわからない」と言う本だったはずだ。
こんな名前の雑誌を作って書店に並べるなんて信じられなかった。
書店を利用するのは大人だけじゃない。
子供がそれを見る可能性だって十分にある。
悲しくなったし、怒りも覚えた。

「子供がわからない」なんて大人の使う言葉じゃない。

余りにショックだったので中は見なかったけど、
今は読みたいと思える。
問題について知ることが出来るのなら。

携帯電話から書き込める内容じゃなかったね。
もっと書きたいことがあるんだ。

また後でつづきを。
[PR]

by pyonjet | 2005-09-29 12:45 | [day of life]
2005年 09月 29日
夏にさよなら
夏にさよなら.mp3
[PR]

by pyonjet | 2005-09-29 00:39
2005年 09月 28日
最近の子ども(帰りの会)
今日学童バスの運転手をした。
時々運転手さんが休む時に代理で行う。

毎度毎度、子供たちは大騒ぎでちっとも座席に座らない。
それは危ないので、座れと命じるものの聞かない。
運転席のすぐ後ろに四人くらい集まってきて
ちょっかいを出してくる。
運転中は危ないのでやめろと言うが叩いたり髪を引っ張ったり
エスカレートしてくる。

今日ばかりは我慢ならなかった。
保育所についてその子らを追いかけ回し捕まえて叱る。
しかし聞き入れない五人くらいいっぺんに叩きに来るので
一人を捕まえて叱る余裕がない。
僕も強く握り返したり抱え上げたり応戦した。
子供たちは武器を集めて来る。

次のお迎えもあるので一旦打ち切ろうと思って外に出るが
竹馬やらで攻撃してきてなかなか行かせてくれない。
そこで竹を引っ張ったらその子の顔に当たってしまったので
抱きついて謝る。
抱きかかえようとしてその子に顔を殴られる。

次のお迎えに行く。

一人になって泣きそうになった。
子どもを叱るのは本当に難しいことだ。
ガンディーさんのことが思い浮かぶ。
聖書だかの「右の頬を打たれたら左の頬をさしだせ」
みたいな文章も思い浮かぶ。

戦争のことも考えてみるが。
やはりこの場合不向きだと思う。

大事なことは、
「おれはお前らのことが好きやけ、言いよるんぞ」ってこと。

叱れるだけの理由はあるが、手を出す理由はない。

次のお迎え先で先に来た一人が「
なになにちゃんとなになにちゃん来とる?」と聞く。
「来とるよ、なんで?」と言うとためらった後、
「いじめられるけ、学童行きたくないんよね」って言う。

色々考えたが、空いた時間に男の子たちに謝った。
「おれはもう叩かん、さっきはごめんね」って言う。
そして膝の上に乗せて、少し卓球遊びを見る。

その間に女の子二人が車に閉じこもる。
女の子にも謝る。
あとに三人増える。
そのやりとりの間でいじめが行われてることを思い知る。

その後しばらくかかって車から降ろし次の迎えに。
もう次の問題は起こらなかった。

最近の子ども。
最近の親。

最近の先生。
最近のお迎えさん。

今の世の中が悲鳴をあげてる様に思う。

帰りの会を開いて話合いたい。

僕は君たちが好きで立派な大人になって欲しいと思う。

その為に僕も立派な大人になろうと思う。
[PR]

by pyonjet | 2005-09-28 17:00 | [day of life]
2005年 09月 27日
夏にさよなら
「曲がったことが嫌いだからパーマはかけないの」とテレビの向こうあの娘は笑う。

厚手のカーディガンを着て汗をかいてしまう僕の季節が、
「繰り返しはしないか」と庭先で踊る。

蜂は蜜を集め、熊は支度を始める。

わらの上で寝てしまった子羊が今目を覚ました。

恐竜がいた時代の植物の化石を見つけたんだと電話がある。

ジュラ紀だろうと決め付けて切る。

どこかの州のプライドの高いチキンを頬張って
慌てた油に水をさす。

「一人じゃなにも出来ないんだから」
遅れて来た夕食の便りに
「チキンを買って食べたよ」と告げると
「私の分は?」と怒られてしまった。

今日は沢山呼吸した。

沢山吐いて

沢山吸った。

お札を一枚手にとって
買って来ますと僕は笑う。

手を繋いで駅前の道を横切る。

夏にさよならを言ってなかったことを思い出し
二人は手を振り「またね」と言う。

すっかり秋を吸い込んでしまう。
[PR]

by pyonjet | 2005-09-27 19:17 | [lunchtime column]
2005年 09月 27日
夢の出番
だってさ、海の向こう

空は青ーーーい

はず

だもんで

そんな風に君を傷つけるなんて

思っちゃいなーいのだ

みんな

見んなって顔で

歩ーーく

間違っちゃいなさい

思い出しちゃいなさい

もう一度

初めちゃ痛いかも知れんが

期待それを上回るから飛ぶんだよ宙に

きっと

カット

あなたそれを聞いて飛んで行こう

さ、夜も更けた

夢の出番だ
[PR]

by pyonjet | 2005-09-27 00:35 | [day of life]
2005年 09月 26日
ランチタイムコラムン189
今日も秋晴れ、気持ちいい天気。

朝、会社の駐車場で駐車中車を車にぶつけた。
骨折した左手が滑ってしまった。
謝ってなんとかなりそうです。
相手が良い人で本当よかった。
たまにこういうミスをしでかす。

一人でいる時間とか最近は慣れてきた。
僕もそう若くないし、一人行動にも慣れなくちゃいかんのだ。

これで一人暮らしなら調理器具とか食器とか集めちゃいそうでこわい。

秋は時にせつなさを呼ぶけど、
今日みたいな天気の日にはかなしみは消える。

言葉少なに明日を待とう。
[PR]

by pyonjet | 2005-09-26 12:37 | [lunchtime column]
2005年 09月 25日
プリズムニュース転載。
ちょっと更新遅いですよね、最近。
多忙って訳ではないんだけど。
気を引き締めて。

連休中に二個おもちゃ買いました。
ってどんな28才じゃい!?
一個はルドルフって言う昔のクレイアニメーションの
キャラクターセットがセールだったので、
もう一つはドラえもんの超合金!
これはすごいよ。重いよ。
ドラえもん大好きだし、嬉しい。

先週日曜日に左手薬指を骨折して、
今はギブスで固定してます。
これがけっこう日が経つにつれて不便です。
包帯はすぐに汚れます。

長くなった前髪を切ったらおもいっきりミスりました。
なので今、左は短く、右は長いままと言うファンキーな髪型です。
長い方は口くらいまであります。

もうこうなったら短髪にしますかなってな気分も。

と、つらつらと書いております。

最近熊笹茶を飲んでおります。
おいしいです。

部屋は散らかったままです。

すっかり夜は寒い。
[PR]

by pyonjet | 2005-09-25 22:24 | [day of life]
2005年 09月 22日
my time high time.
最後まで格好つけてみよう。

あなたの汚れた夕闇の中で。

僕は笑って

洗ってあったシャツを着たんだ。

畳んであった思い出は置いて

外へ飛び出した。

三次元から四次元へ

飛び損ねたデータを追って

回路図の中を泳ぐ。

今朝の不安は課長の所で決裁中なので

もうしばらく安泰。

なにか大きな数を足して、引いて

残ったものを記そう。

ポケットを探すと

四次元へ落ちて行く。

自分を信じると言うのは

どう言う不安か、君にも分かるはずだよ。

日常的に心には100GBの空きが必要なので

詰め込んだデータは圧縮して、

外付けHDに記録しておくのだよ。

そうしないとコバンザメが背中にくっついて

離れないからね。

最後まで格好つけて生きよう。

今度は僕の番だ。
[PR]

by pyonjet | 2005-09-22 18:55 | [day of life]