<   2007年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2007年 03月 31日
母を見ない日
じいちゃんが入院してもうすぐ一週間くらいになるだろうか

家の中で母を見ない日が続く。

僕は死や生を軽視してる節がある。

誰かの死を悲しめないのはツヨサではない気もする。

ちっとも素直じゃないへそ曲がりなやつだ。

鞄を買った。

自分らしく少し大きな鞄。

すごく安かったけれど、なかなか丈夫そうだ。

雑誌を見てビートルの工具セットを買った。
ハゼットタイプの工具箱。
安っぽい作りだろうなと思っていたらその通りだった。
でも単品で買うと高価なサイズの大きいレンチも付いてる所が良い。

テレビで江原さんの番組を見てると掃除が捗った。
掃除をしながら見てると掃除は心を整理するのに良いみたいなこと言ってた。
いや、それは分かってるつもりなんだけどね。
すぴりちゅあらいずど。

日田天領水を頼まなくなったらやたら部屋にペットボトルがたまって厄介だ。
ついでにコップも机の上に六個もある。(変なの。)

一十三十一の新譜が良い。
さすがASA-CHANGすんばらし。

今日の福岡は風が強い。
遠くで雷も光る。

カーグラフィックスの監修する日本のショーカー2と言う雑誌を買ってしまった。
この雑誌、おそるべき日本の独創力の塊。
こうありたい未来が詰まってる。
あの日彼らが描いた未来が今叶っていないのは、
どう言う仕組みか気になりませんか。


家族の死は家族の結束を高める。

僕の詩もそうでありたいと思う。

しばらく(半年も)お休みしてるランチタイムコラムン
今日で廃刊に追い込まれそうなので、
今からなにか送ります。

まだ未登録な方は是非に。
不定期発行です。


※と思ったら午後六時を持って廃刊になっていました。
無精で壊れてすいません。
230号までお付き合いくださった皆さんありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!多謝。
[PR]

by pyonjet | 2007-03-31 22:26 | [day of life]
2007年 03月 30日
さくらかびん
今日は八時まで残業して帰って、
おっともだちとボーリングしに行きました。
腹ごしらえは助さんうどん。

スコアは振るわず。
と言うか一投目から指が痛い(笑)
たぶんサッカーでキーパーして折れたっぽい指を
医者にもかからずほうっておいたせいで
変な癖がついてんだな。
120アップがギリでした。

終わってボーリング場の隣の公園へ。
なかなかの桜の名所でした。
夜桜もいいね、お酒飲みたかった。

先日購入したビートル用の花瓶が届いたので
桜を一房頂いていけました。

明日も仕事です。
疲れたなああ

おやすみなーさい った
[PR]

by pyonjet | 2007-03-30 22:24 | [day of life]
2007年 03月 29日
ねまいかじゃまいか
早く寝ようと思っているのかいないのか
疲れをとろうと思っているのかいないのか
本が読みたいのか読まなくてもいいのか
あれが欲しいのかほんとは要らないのか

めまいか
ねまいか
じゃまいか
じゃまくないか

書かなくてもよかったのか
恋でもしてみようかできるのか
夢にでも出てやろうか見まいか

つかれか
つかれんたかー

たのんだ
あとはたのんだ

ねるぜ
あいをおくれ
[PR]

by pyonjet | 2007-03-29 22:19 | [day of life]
2007年 03月 28日
たましいをいれる箱
夜中に目を覚ました。

「そうか、心を入れる箱か」

そう思った。
体のことである。
夢を見ていた気もする。
どんな夢だったのだろう。

そのままもう一度眠った。
朝起きるとじいちゃんの容態が思わしくないとのこと。
昨日から入院してるんだけどどうも挙動があやしいのだそうだ。

僕はもうじいちゃんの心は死ぬことを選んでる気がしてる。
よく物語で聞くような生と死の狭間の話は、「生きよう」
としてるものだけど、今じいちゃんの魂は自ら「死のう」と
してるんじゃないか。
そんな風に想像した。

じいちゃんはばあちゃんが死んでから一人暮らしをしている。
もう五年以上になる。
じいちゃんは手が痛いと言いながら車を運転している。
危ないなとは思うけど、気はしっかりしてるからまだ止めるに至ってはいない。

おれ、じいちゃんは十分に生きたんやと思う。
もう向こうに行ってばあちゃんと仲良く暮らして欲しい。
弟にもちゃんと説教して欲しい。
成仏せんと生き返れんとぞ。

じいちゃんはばあちゃんが死んで
どんどんやさしくなった。
僕らが小さい時にはもっともっと恐くて
悪さをするとすぐ家の外に投げ出されたもんだ。

どんどんみんな死んで行く。
そのうちに婆ちゃん(父方の)も父ちゃんも母ちゃんも死んで
いつかはおれも死んでしまう。

たましいをいれる箱もそのうちガタがくる
心臓も呼吸器も膝も交換は効かない。
その方が良い。

心を入れたまま死ぬのは残念だ。
でも死は無念だ。

死んだら仏さんになる。
そんなんおれは好かん。

死んだら宇宙になる。

じいちゃん、もう死んでよかとよ。
大丈夫やけん、ありがとね。
[PR]

by pyonjet | 2007-03-28 23:00 | [day of life]
2007年 03月 24日
やかん
あかん、おかん、やかん、かけたままや

ヒューヒュー言うてる

汽関車みたいや

走ればいいのに

湯気 吹き出して

ヒューヒュー言うよなやかんが好きや

音もないのに泡立つような

そんなやかんは好きになれん

分かりやすうていい

気持ちなんか

単に
[PR]

by pyonjet | 2007-03-24 23:12 | [day of life]
2007年 03月 24日
花の名前
この花の名前を知っている人に
私は昔会った事がある。

花の名前は忘れてしまった。
けれど彼女の名前は覚えている。

花子と言う人だった。
「うそだろう」そう思った。

世の中の花子さんの中にも
花子だから花が好き。な人と、
花子だから花が嫌い。な人がいるだろう。

花子さんは花が好きだから花子とついた様な人だった。
赤ちゃんの頃しかめたお顔が花を見るとゆるんだ。
そんな面持ちだった。

花子さんは気持ちの良いくしゃみをする。
くしゃみをした後に決まって「くしゅん」と言う。
その音が、抜けきれないものを全部追い出してしまう。

花子さんはふくよかな人だった。
買い物籠の中には団子が入っていそうな人だった。

花子さんは小路を歩いた。
大通りを避け、わき道に入る。
家と家の間、その脇に咲く花と
しっかりと手入れされた庭を見て歩いた。

私は花の名前を忘れた。
けれど今、彼女のことは覚えている。
[PR]

by pyonjet | 2007-03-24 21:39 | [day of life]
2007年 03月 23日
夜中に出す手紙
週末、彼女と別れた。

しばらく会っていなかったけど

手紙が届いた時には正直、驚いた。

どうしてこういつも僕はふられるのだろう。

そうして鏡を見て妙に納得した。

疲れは人に伝染する。
顔に出たそれは歳のせいでは片付かないなにかが映っていた。

次の週末まで届いた手紙を三回読み返した。

その度に一度ずつ温度が下がった。

外はもう冷たい風だった。

歩き疲れた訳ではなかった。
無論走り続けてきた訳でもない。

中心の気圧は下がっていく。
昔、巻き起こした風は埃をたてて消えた。

残されたものは常温に近く、保存の効くものが多い。

手紙を書いた。
彼女に宛てた。

外へ出て知った。
ポストがなかった。

知らない町に来たみたいだ。

ゆっくりと風を待って

吐いて

棄てた。
[PR]

by pyonjet | 2007-03-23 19:10 | [lunchtime column]
2007年 03月 21日
ハレルムネ
いつか泣いてやろうと思ってるおれ

いつ泣いてやろうと考えてるおれ

ふれふれおれふれふれおれ

ふられつづけるおれ

自分を推薦出来ないおれ

コーヒーにミルクは入れないおれ

砂糖も入れなくなったおれ

少しづつふやけていくおれ

後悔を置いて行くおれ

いつ泣いてやろうと悩んでるおれ

いつか泣いてやろうと企んでるおれ

欲しいのは胸

許してくれる胸

認めてくれる胸

抱きしめてくれる胸

後は晴れる胸

オレヲハレルムネ
[PR]

by pyonjet | 2007-03-21 21:51 | [day of life]
2007年 03月 20日
気にしない気にしない
いろんなことを気にしない

気にしないのは気のせいか

気のせいならばほっとこう

もうかりますかと聞かれたら

そんなばかなと答えます

もうけたいか?と聞かれたら

そんなばかなと答えます

おんなじような答えです

おんなじような中身かは

僕もまだまだ知れません

気にしないのは歳のせい?

あなたのせいにはしたくない

けど 誰かのせいかも知れません

おんなじような心です

中は空かと聞かれたら

きっとそうだと答えます

気にしない気にしない
[PR]

by pyonjet | 2007-03-20 21:50 | [day of life]
2007年 03月 15日
明るい選挙推進委員会
選挙が明るいとか暗いとかよくわからんけど、
とりあえず良いスタッフで楽しく準備してます。

ところでみなさん選挙行きますか?

開かれれば出来るだけ行きたいなーと言うのが僕のスタンスですが、
スタッフの20才の女の子は友達が(ってか自分も)選挙に行く気がしないと言ってました。

選挙って行かん人はずっと行かんし、
行く人はずっと行くって感じですかね。

それとは関係ない話ですけど、中学の頃くらいまでは僕
不良に憧れてたんですよね。
実際あの当時はまだ不良がもてたしね。
不良って言ってもちゃんと筋の通ってる不良ってかね、強い人。
だけどあんまり不良らしいことしたことないんですけどね。
煙草も吸った試しないし、喧嘩もしたことないし。
で、コンビニで立ち読みしたホットドッグプレスに衝撃を受けて
読んでた雑誌もヤングオートからホットドッグプレスに変わったんだよな。

それから今度は「真面目」に憧れたんですよ。
相変わらず勉強はしないんだけど、「真面目」と言うアイコンに憧れた。

考えたら中高とも不良と真面目の中間くらいにいたんだなと思う。
ってか今もそうなんじゃないかなと。

20代前半なんかは最低だし最高なんて笑って言ってたけど。
今はけっこう毒も抜けたもんだと思う。

人ってけっこう変わるもんだよね。

僕はどこかでまだ真面目に憧れてるんだろうな。

選挙なんてどうでもいいよ、なんてどっかで思ってない。
でもどっかで思ってる。

いったりきたりしながら、僕は生きてる。
[PR]

by pyonjet | 2007-03-15 23:27 | [day of life]