<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 30日
空が近い
a0009825_16245257.jpg

a0009825_16245286.jpg

a0009825_16245232.jpg

確かめてはいないけれど、
この先に波が見える。

信じていても涙は流れるし、

隠していても愛は溢れる。

鍵はもう一つしか持ってないのに、

扉は沢山有って困るよ。

選べないのに。

右足から家を出たまま

歩いて来たんだ。

二年前からは想像もしない自分になってしまっている。

これでいいんだと、
これでもかでいくしかないんだよ。

無理をしないまま育ってしまった。

確かめてはいないけれど、

この先に君は待ってる。

信じたり疑ったりしながら、

僕を待ってる。
[PR]

by pyonjet | 2008-10-30 16:24 | [lunchtime column]
2008年 10月 22日
飛んでいく
夜は昔もっと長かった。

それを僕は今思い出した。

起きていたかった魂を置いて

寝返り打ってみる。

枕の下に隠した物は。

空が少し静かになった。

途端に街は煩くなった。

既に予報は外れている。

大気圏に衝突する。

遠くを覗いても

時はここにある。

もっともっと間違ってしまえ。

もっともっと気付いてしまえ。

仕掛けた罠も

躓いた孤独も

信じた絆も

僕はもう夜を怖がらないから。

あなたは今日も確かめている。

北の夜空を

目印にして。
[PR]

by pyonjet | 2008-10-22 01:57 | [lunchtime column]
2008年 10月 20日
玉止め
あの娘が家事が苦手だからと
オレンジのページ開いてみたけど
知らない活字が沢山あって
読み進めることも出来なかった。

絵を見て余計にお腹が空いた。

気にいってたズボンのボタンが取れたんやけど
誰もつけてくれんけ、ほったらかしにしとった。
でもやっぱり履きたくなって自分でやってみようとしたけど
針に糸を通した後どうしたらいいんかわからんかった。

とりあえずなんとかボタンをつけた。

年を取ってしまった。
まだ少しだけど、皺とか白髪とか皮下脂肪とか
どんどん装備してしまう。
自信とかそう言うのは段々薄れていくのに。

俺の人生がことごとく俺の人生っぽくて
もうなんだか星のせいにも出来ない。

誰かに好かれていた時。
誰かに愛されていた時の記憶を
なんだか知らないうちに救いにしてる。

今がどうかって?
愛されてるんだけど。

君が覚えている俺のことを教えて
君が覚えている俺のことを
なんて懐かしがって、それは少し悲しいことだったりして。

めくるめくかんじょうのいったりきたり。
めくるべくとびらのまえいったりきたり。

そうこうしてるうちに夜が来てしまって
そうこうしてるうちにお腹がまた空いた。

今日は一日君にメールしなかったから
今日は一日中何かを考えてるふりをしてた。

最後に終わりにしようと玉止めを覚えてみた。
なのに引っ張ったらボタンがスルスル抜けてしまった。

玉結びを忘れていたんだよ。
玉結びを、俺は。
[PR]

by pyonjet | 2008-10-20 18:26 | [post poem]
2008年 10月 12日
sun so nikki 107
a0009825_2323427.jpg

a0009825_23234287.jpg

a0009825_23234253.jpg

まだ次の雪は降らない。

気温は氷点下に近いけれど、
低気圧が来ないので平気。

室内は常に20度近くをキープしているので、
薄着で充分。

明後日下山して、
次に登って来る月末には
辺りは銀世界に変わっているだろう。

その間に九州を満喫しよう。

帰りに大山寄って、
帰ってからは福智山縦走(尺岳テント泊)して、
その後由布岳も登る予定。

じっとしてても暇なので、
阿蘇縦走もしてみようかと。

まあ、結局家でだらだらしちゃいそうですが。
しばらく糸島でテント泊しながら過ごしてもいいな。

色々想像したらやっぱり軽量2人用テントが欲しくなってきた(笑)

ソロテントはここに置いて帰るしなあ。

明日荷造りして送り返さなきゃ。

ギア好きだけどギアが減ってすっきりするのもまた好き。

厳選したギアで長く使えるといいな。

今年は(も?)全然お金がたまらなかった。

旅の費用が残るといいのだが。
[PR]

by pyonjet | 2008-10-12 23:23 | [lunchtime column]