タグ:久住 ( 2 ) タグの人気記事

2011年 02月 07日
巻ノ戸〜三俣山〜長者原
a0009825_1315246.jpg

a0009825_13151842.jpg

a0009825_1315179.jpg

朝起きれる気がしなかったので駐車場泊しようと思って久住に入った。
でももうちょっとだけ陽がありそうだったので少し上で眠ることにした。
夕駆けで西千里までハイク。
雪は付いてる物の危険箇所は踏掛山の短い下りくらいだった。
そこまではアイゼンなし。ピッケルは持ってた。

a0009825_13153587.jpg

西千里でビバーク。
満天の星空を楽しんだ!
空気が澄んでて雲もなく天の川も楽しめた。
でも寝付きが悪くて膝が冷たくてヒートシートをシュラフの中に入れた。
夜は風がざわつき星も見えなくなってた。
朝四時くらいにもう西千里越えてく人達が居た。
九州の山事情は謎が多い(笑)

久しぶり過ぎて詰め過ぎの割に大事な物忘れ過ぎ!
ほんと自戒せにゃ!
ほんとに雪山素人の覚え書きなので参考にはなさらないように!(笑)

【ダメダメポイント】

・バラクラバ(忘れ)

・魔法瓶(あってもなくてもいいっちゃいいけど)

・箸もスポークも忘れた(代用品はあったけど)

・いきなり出たので食料の選択がいまいちすぎた。

・雪があるからと水を1Lと酒しか持って行ってなかったけど久住の雪が思ったより汚かった(笑)

・PEN EP-1持ってった割に写真撮らな過ぎ!雪だし保護との兼ね合いでやる気出ず。

・使わなかった物(スコップ、シュラフカバー、予備単3電池の持ち過ぎ、カメラ)

・ワカンはあった方が良かったかも

【二日目】天気 晴れ
朝六時くらいからのんびり支度、七時に行動開始、西千里から久住別れ。

a0009825_13453448.jpg

a0009825_1345349.jpg


久住別れから北千里の下りはトレースなくてしばらく探す。
でもないので下った。膝上まで沈む。途中から尻セードGO。
新調したInov8 400GTXがミッドカットなのでゲイターとの間から時折雪が入って来る。
下った時点で帰りはこのルート登りたくないと決めた(笑)
一時間以上ラッセルせないかん。一人やし、無理!

北千里からスガモリ越到着。
こっから三俣山なんだけどツイッターのフォロワーさん達を探してたんだけど
検討違いだったみたい(笑)
長く休憩を取って三俣山西峰までハイクアップ。
三俣山ってだけあってデカイピークが三つ。
三俣山で待ち伏せ!ってどこやねんな感じ!?(笑)

僕は三俣山の南峰より直下って坊ガツルに入るルートを取ろうと思ってた。
南峰まで行って山頂でながらくのんびり&昼食

a0009825_1352411.jpg

こんな写真撮ってるけど本心は

a0009825_13524150.jpg

こんな感じ。既にバテバテ(笑)

この後もっともっと大変な事になるとは!?

a0009825_13524341.jpg

三俣山南峰でのInov8

三俣山からの下りは地図上では急斜面チョッカリ。
雪も付いてるしちょっとトラバースしてゆるやかな場所から下ろうとしてみた。
しばらく尻セードで進むと「あ、ここはこれ以上行くと死ぬわ」って場所まで出たwww
しかもその後の行程覗き見ても坊ガツルまで辿りつける感じじゃないwww
子どもの顔が浮かんで登り返す決意。
腿ラッセルで登り返し!!全然進まん!!荷物重い!!!
ルートに戻るまでかなりかかった。

もうこの後もパニクってるものだからルートミスを多発。
西峰と思って行った場所が本峰(笑)
そこでも右往左往した。

で、やっと本峰から下ってるとこでフォロワーの皆さんと合流。
命拾いしました!
皆さんが登って来た道が僕が下るべき道だったみたい。
どっちにしてもめちゃくちゃきつかったそうだ(笑)

この後は皆さんについて長者原まで、すたこらさっさ。
この日一日の水分を雪食いながら繋ぎました。
マージでバテタ。

久しぶり+過信+荷物重過ぎ+忘れ物しすぎ。

何度となく北アルプスなら死んでるなと思いました。
好天に恵まれ気温も高く薄手のアウトラストとフリースで
全行程を歩けました。
inov8の靴も無雪期は絶対活躍すると思う!
一緒に買ったinov8軽量防風防水パンツも最高!
ラフに扱ったのに破れてなかった。

今回の久住は北アルプスで言う所の残雪期の終わり掛け。
樹木と雪との隙間に落ち込む一番めんどくさい時期(笑)

ってな訳で軟弱な自分を戒めます。

先ずは自分を知ることですね。

7時から16時半まで歩いたってことは8時間くらいだったのかな。
一日で3キロ痩せました(笑)
[PR]

by pyonjet | 2011-02-07 14:23 | [trekking]
2010年 06月 20日
君が近くに見えたから
a0009825_22382794.jpg

毎日遠くに山が見えるのは健康的ではあるけれど、
a0009825_2238423.jpg

時にはその中を歩きたいのだ。
a0009825_22404687.jpg

一時間歩いてやっと一山越えた。雨ヶ池。
a0009825_2241158.jpg

下って坊ガツル到着。
a0009825_22411972.jpg

テントをデポし、あの山に行くんだ。
a0009825_22413475.jpg

ミヤマキリシマが咲いている。良い時期に来た。
a0009825_22414471.jpg

こんなに綺麗なのだけれど、五分咲きにも満たないのだそうだ。
a0009825_2241581.jpg

山頂で記念写真をお願いした。
a0009825_22421234.jpg

下りは30分で到着。足を裸に。
a0009825_22422391.jpg

靴が重いのだ。修理して使っている。
a0009825_22424767.jpg

初法華院の温泉。
a0009825_2243779.jpg

窓からの景色が最高なのでした。
独り占めさせて頂きましたとさ。

こないだの久住の写真のPEN EP-1の方です。
少しは携帯より綺麗ですね。
二日目は雨上がりだったのでザックに避難させました。
坊ガツルまた何度でも行きたいです。
[PR]

by pyonjet | 2010-06-20 22:44 | [day of life]