2011年 02月 18日
おれのきもち
おれのきもちはなんかいだ

なんかいきいてもそのたびに

ちがうこたえがやってくる

たすけてくれよおまえさん

ここからおれをつれだして

きみのねどこへさそってよ

こいするたびに

なんかいだって

あいするんだろ

なんかいだって

それがわかっているからって

なんかいだって

なんかいだって

さいごのいっかいをさがしてるんだぜ

そんなおまえさんをこころにえがきながら

かいてるんだぜいまだって

たすけてくれよおまえさん

ここからおれをつれだして

だいすきよってつたえてね

なんかいなおれのきもち

なんかいでもきいてね

なんかいでもつたえてね

たいせつなきみのきもち



【書いた日 2005年02月06日13:45】
[PR]

by pyonjet | 2011-02-18 01:52 | [post poem]


<< 平尾台に行って来た      毎日悩む君に >>