2005年 11月 10日
季節の歌
秋と冬が交差するこの季節は
見事にキリンジにもってかれる。

帰り道、シャッフルで再生された曲を聴いて
せつなくなってしまう。

なんのことを歌ってるのかわからんくらい
はちゃめちゃな歌詞なのになんでせつなくなっちまうんだ。

とくに好きなのは「スウィートソウル EP」と「3」
と言うアルバム。


曲がったまま硬直した背筋を叩き直す。

溢れる前に手を打って受け皿で救え。

かぼちゃの形を崩さないように適当に煮込め。

まずはきっちり出汁を取る。


例えばこたつの中
丸くなって過ごせば
翌朝困ってしまう
低温火傷

もう岸についた恋人
彼女の手を取って
暖冬をやり過ごす
手袋を買いに行く

コチコチの頭はいけないのよって
おばあちゃんが言ってたから
あっちこっちに旅して回って
沢山思い出に変えるんだ

気になる貯金残高
利子のない思い出バンクを探して

追っ手を待ってちゃ意味がない

だって歌って過ごしたい

はいからさんが通ります

マイ母さんが呼んでます

ごはんですよ

ごはん

ごはんですよ
[PR]

by pyonjet | 2005-11-10 18:53 | [day of life]


<< わるいのはだれだ      大きな魚 >>