2005年 12月 15日
恋は2t車に乗って

恋は2t車に乗って

向こうからやってくる

荷台に一杯の砂を敷き詰めて

向こうからやってくる

深い穴を見つけては

そこに注いでいく

穴が埋まるまで何度も

そこに注いでいく

あとはその上に種を蒔いて

春待つ君の上を風が吹き抜けていくのを

黙ってみているのさ

恋は2t車に乗って

ハチマキを巻いて

サングラスをかけて
[PR]

by pyonjet | 2005-12-15 21:37 | [post poem]


<< Still Freshers.      久々バスケ >>