2006年 01月 30日
心と体
久しぶりに心が空になると

どうしようもない哀しみが込み上げてきて

やられちまった。

決心だなんて言って笑ってた相棒も

擦り切れたワイヤーに愛想を尽かした。

陽が落ちる様。

ノックする春の扉。

あなたの季節と

僕の季節が

同調していく

量子が共鳴する。

余った冬も

しばらく続く

残った灯油じゃ

足りそうにない。

セールスマンはいつも申し遅れるので


ケジメをつけなさいと上司に叱られる。

コンテストでNEW SHOWして名誉を戴こう。

心が空だ。

ところがどうだ。

体のやつは実に正直に腹が減りやがる。

力が抜けて行く。

変だ。
[PR]

by pyonjet | 2006-01-30 14:00 | [day of life]


<< HDがCLASHする日。      おおきなてんき >>